TEL:03-3935-1775

ご利用時間9:00~17:00 休館日 毎週月曜日・年末年始(12/29~1/3)

投稿者: admin 投稿日: 2021/05/05 18:14

 本日は、「こどもの日」です。コロナ渦の中で2回目の「こどもの日」を迎えました。親子で、お孫さんと
親しむ日としてはいかがでしょうか。
昨年の「こどもの日」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態が全国に出されました。
 今年も3度目の 緊急事態が東京都で発令され、感染症収束は見通せない状況です。連休に行楽地を
訪れる予定を立てていた家庭でも、やはり遠出は、控えるというケースは少なくないでしょう。
 読書であれば、家でも楽しめます。本を通してお孫さんと語り合い、思い出に残る日にしたいですね。
小説やエッセー、伝記、絵本など、どんな分野でもいいです。書店や図書館の本だけでなく、お孫さんの
教科書にある作品でも構いません。お孫さんたちは、作品を読むことで登場人物の考えを知り、自分と同じ、
あるいは異なる価値観があることを学びます。また他の人への思いやりや、支えあいの素晴らしさを実感し、
豊かな人間性をはぐくむことが期待できるでしょう。
 地域によっては、コロナ対策をのため、図書館が閉まっている場合もあります。そんな時はお孫さんに
幼いころに愛読書の話をするのも一案です。作品の魅力を語るおじいちゃん、おばあちゃんにお孫さんたちは
今まで知らなかった側面を感じるに違いないです。連休中にでも多忙な親や、落ち着いて本を読める環境に
ないお孫さんたちの健やかな成長を見守ることが大切です。ぜひ、お孫さんと同じ話題で話し合うきっかけを、
読書を通して語り合う機会を作ってみてはいかがでしょうか。 
 
 
  

投稿者: admin 投稿日: 2021/03/24 10:43

新型コロナウィルス感染症拡大・緊急事態宣言が首都圏で解除され、ふれあい館は
76日間の休館となり多くの利用者様には、多大なご心配ご迷惑をおかけしました。
昨年の春に引き続き、とても長い休館となってしまいました。4月は再度できる講座を
絞って、また各講座従来の定員を極力半数以下にして感染症対策を最優先にして
実施していきます。
まだまだ前の状態には戻っていませんが、是非参加してください。待望のワクチン接種
までまだ時間がかかります。皆様と皆様の大切な人を守るために、引き続きふれあい館
利用時の感染予防のご協力をお願いします。 
 戸外は三寒四温と揺り戻しながらも、日増しに暖かくなってきています。今、ふれあい庭園
の桜の木も2本が三分咲きに咲いているのをごぞんじでしたか?今月末には 満開となるでしょう。
 4月は「ピカピカ の1年生」に代表されるように新年度の始まりの季節になります。そこには
「新しい友達」や「新しいチャレンジ」などの機会があり、まさに「ふれあい」のスタートです。
当館を利用している皆様が(ふれあい館新入生でも多年生でも「ふれあい」のチャンスを生かして
コロナ禍ではありますが、仲間を増やし楽しみを見つけてくださるよう願っています。

 《ミニ知識》「桜の花ことば」:精神美、優雅な女性、純潔です。

精神美は桜が日本の国花という位置づけから、日本国、そして日本人の品格を表すシンボルとして
美しさを託した言葉らしいです。優雅な女性、純潔の花ことばは、桜の花の美しさをイメージされた
ものだとされています。
 

投稿者: admin 投稿日: 2021/02/12 11:34

新型コロナウイルス感染拡大での緊急事態宣言が出されて高島平ふれあい館
 はじめ5館が休館となり、あっという間に1ケ月が過ぎてしまいました。
そんな中、我がふれあい庭園の梅の 木2本が満開に近く咲いております。
春はもうすぐです。 本来は、皆様に実際に庭園に出て梅の花の鮮やかさを
見ていただきたいところですが、写真でお楽しみください。 
 高齢者の皆さまには「きょういく」が大切だと言われています。ご存じの方も多いと思ますが、
教育ではなく「今日行くところがある」の略です。数年前にある心理学者の著書で
「100歳になっても脳を元気に動かす習慣術」で伝聞として紹介している ので以前から
あった 言葉らしいです。7日を期限といていた緊急事態宣言が1か月延長されました。
外出の機会が減りがちな皆様の健康を維持するための工夫をしてください。
「庭先、公園での体操 や散歩ををしましょう。」適度な運動で筋肉を維持することは
「ちょきん(貯金)」 と呼びます。また高島平ふれあい館のホームページからおうちでできる
健康エクササイズ、健康ストレッチの運動講座を動画で配信しております。
 どうぞふれあい館での以前の提案事業を思い出して いただきたいと思います。

《梅の花ことば》
高潔・上品・忍耐   

 

  

投稿者: admin 投稿日: 2021/01/19 11:31

 新しい年を迎えて1月5日に開館しておりましたが、突然1月7日から当面の間の臨時休館となりました。
年末年始の期間にコロナ感染症の感染拡大は、止まらず、1月8日から当面の間、東京都をはじめ近隣3県に
緊急事態宣言が発令されました。また昨年の緊急事態宣言時 と同じように普段通りの生活が制限される
状況が続くと皆さまの健康問題〈心身の虚弱や 筋力の低下)が起こりやすくなります。
外出ができないと、気分も落ち込みやすく、食欲が湧かなくなってしまいます。
 そのため皆さまにもう一度繰り返しのお願いです。より意識して 「栄養補給」と「運動」に取り組んでください。
栄養補給については、バランスの良い食事を心がけましょう。
中でもタンパク質(納豆、鮭など魚肉、牛、豚肉、ゆで卵、牛乳、チーズ等の乳製品) は筋肉や骨などの体組織を
作るために不可欠ですから、特に重要です。
 運動に関しては、筋力を向上させるためには、筋肉に負荷をかける(レジスタンス運動)をする必要があるとさています。
ウォーキングの途中で公園(密集はさけて)に立ち寄り、スクワットや踏み台の昇降をする日々の行動に結びつけて継続
しましょう。 
 ホームページでヨガや運動、新春の音楽広場 の動画も逐次、紹介しますので運動不足等の解消にお役立ください。
今は皆さまひとりひとりの感染拡大の防止に取り組んでいただきこの大変な難局を乗り切りましょう。
みんなで頑張りましょう。新型コロナが収束して、一日も早くお会いしましょう。 
 

投稿者: admin 投稿日: 2020/12/13 9:42

 今日は12月13日、残すところ18日となりました。
今年は、新型コロナウイルスが世界を席巻し、東京オリンピックも延期になり、私たちの生活も
すっかり様変わりしました。世が世なら、遷都するくらいの出来事ですよね。外出時はマスク着用、
大人数で宴会を避けたり、リモートワークが定着したり、人と会って話す機会もかなり少なくなっています。
 来年は「丑年」です、「うし」と言えば、物事の進み具合が遅いことを、牛の歩みのゆっくりさに例えて
「牛歩」というように、ゆっくり、ゆったりとしたイメージがあります。が、来年は十干十二支(じっかんじゅうにし )
では辛丑(かのとうし)とうい年になります。辛は「新」と音が同じなので、植物が枯れて新しい世代が生まれようとする
状態となります。「丑」は紐のことで結んだり絡んだり、種子の中に芽が生まれているものの、まだ伸びることが
できない状態ですが、すぐさま新しい生命が生まれてくるという意味です。
 まだまだ新型コロナウイルスにより生活が変化していく可能性もありますが、来年のこのようなポジティブな考え方を
あえて年賀状のようなアナログな手段で新年の挨拶を交わしてみるのも、送る相手のことをゆっくり考えることになり、
より気持ちを通い合わせることができるように思います。
 新春のイベントとしてバイオリン講座の講師によるバイオリン二重奏とピアノの「新春コンサート」を予定しております。
 年末まではもう少しあります、皆様も健康に留意されて令和3年の年明けを無事にお迎えください。
 
 
 
 

投稿者: admin 投稿日: 2020/11/08 17:16


 
 
  

 
 
詳細...

投稿者: admin 投稿日: 2020/10/17 15:31

 10月に入り朝夕めっきりと肌寒くなったこともあり、服装も長袖のシャツ・上着着用が
当たり前の季節になりました。秋分の日も過ぎ日増しに夜が長くなっていき、11月7日に
なると、もう節目の「立冬」で"これから冬ですよ"と知らせ、これを過ぎて「立春」の前日までが
冬になります。
 ところで当ふれあい館 は10月より新型コロナウィルス感染症対策を徹底して運動室の使用再開
と卓球の再開を開始しております。併せて政府の需要喚起策「Go To キャンペーン」が本格化
するなか、新型コロナウィルス 感染症対策分科会が、感染が広がりやすい「七つの場面」を明示し
注意を呼び掛けています。
 第1は「飲酒を伴う懇親会」です。次に「深夜に及ぶ飲食」いずれも飲酒を
ともないやすく大声になりやすい危険性があります。また「マスクなしでの会話」次に「仕事後や休憩時間」
や「寮などでの集団生活」また「閉鎖空間での激しい呼吸を伴う運動」や「屋外活動での前後の車での
移動や食事」など感染を広げないために人々の行動が重要とのことです。
皆様の行動で当てはまる行為がありましたら一人一人が行動に注意しましょう。
 ふれあい館からは新型コロナウィルス感染症感染者を出さない!
 クラスターを発生させない!
を目標にご利用者の皆さんのご協力・ご理解をお願いします。

〈ミニ知識〉
凩(こがらし);晩秋から初冬にかけて吹く、冷たくやや強い 北向きの風。
木枯らしとも書きますが、この文字は風が吹くたびに葉が落ちてしまうため、
木を枯らしてしまうという意味を表しています。でも字の印象は、風が木を守って
いるような感じがするのですが・・・・ 
 
 

 


 

 

 

投稿者: admin 投稿日: 2020/09/09 18:03

 日中の暑さは未だ猛暑が続いていますが、9月に入るとそろそろ朝夕にはさわやかで
涼しげな 風が吹くようになると思います。時節は、台風が続いて到来するなどそろそろ
夏も終わり秋を迎えます。
 秋といえば「スポーツの」「芸術の」「読書の」「食欲の」「音楽の」などの冠詞にことかかないほど
活発な賑やかな季節と言えます。が よく聞く「天高く馬肥ゆる秋」という言葉は、冬への準備の
ために栄養を補給し皮下脂肪をため込むということから発生した言葉だそうで、爽やかな感じの裏には
ほんの少し冬のちらつきも隠れているようです。
 そんな中、新型コロナ感染拡大予防のため、使用を中止していました運動室を10月より使用できる予定です。
感染予防の為1回50分の利用人数を7人までと制限して 、消毒・換気の徹底実施のもとの使用となります。
また毎週金・土・日開催しておりました、卓球も使用台数を2台にして10月から使用予定となります。
こちらも消毒・換気の徹底実施のもとの使用となります。感染予防対策には引き続きご協力をお願いします。
 またボランティア活動の秋のクリーン作戦(街の清掃)を開催します。
皆様もふれあい館で体操に卓球に、庭で草花の鑑賞や懇談(密にならないように)に楽しんではいかがでしょうか。

〈ミニ知識〉;秋の七草とは?

「おみなえし」「すすき(おばな)」「ききょう」「なでしこ」「ふじばかま」「くず」「はぎ」の七つです 。
ご存知でしたか?

〈覚え方〉;それぞれの花の名前の最初のことばをつなげて「お・す・き・な・ふ・く・は」だそうです。
 
 
 
 
 

投稿者: admin 投稿日: 2020/08/07 17:50

 8月4日から5か月ぶりに月申し込みの提案事業が始まりました。まだまだ以前のように
多くの講座が、開講される状況では無いですが、マスク着用、換気、密にならないなど
制約はあります。 8月の提案事業の一斉申し込み日の7月15日(水)には、普段の
4割以下の人数でしたが、皆さんのいきいきとした笑顔に触れることができました。
 ただ毎日のように東京都では200名を超える新型コロナ感染者が激増しているので、
各講座が始まる前に感染対策の実施をそれぞれ確認して開始していました。
早く元通りの内容の講座ができることを切に祈ります。
 夏も真っ盛りになり、まさに猛暑が続く毎日です。
「熱中症警戒アラート」が気象庁と環境省より発表されました。
「暑さ指数」が、危険域に達した場合に東京都に出されています。
アラートは、サッカーの応援でビ・アラート と連呼します。「油断するな。心を研ぎ澄ませ」との
意があります。炎天の続く日々をくれぐれも油断なく過ごしていただきたい。
9月といえば前半は、残暑・後半は秋への架け橋、また、その日から夜の時間が長くなっていく
秋分の日などでしょうか。
食欲・睡眠・読書・青空などのことばが似合う季節はもうすぐです。
中秋の名月は旧歴9月13日ですが、お団子とススキで月を見ながら楽しみましょう。

≪ミニ知識≫ お月見【十五夜と十三夜】

お月見は月を鑑賞する行事で、旧暦で設定されています。

〈十五夜〉  旧暦8月15日、今年は10月1日 中秋の名月

〈 十三夜〉  旧暦9月13日、今年は10月29日

 今年の十五夜は満月だそうです。〈晴れるといいですね〉 
 
 
 

 

投稿者: admin 投稿日: 2020/07/05 16:55

  新型コロナウィルス感染症拡大予防のため高島平ふれあい館は106日間の休館となり、

多くの利用者様には、多大なご心配とご迷惑をおかけしました。6月17日、106日ぶりの

ふれあい館開館となりました。とても長い休館となってしまいました。

開館のために皆様をより安心安全に迎えるにはという気持ちでいろいろな取り決めをして

何度もテストを実施しましたが、開館直前に何とか全スタッフで皆さんを一人でも多く安全に

迎え入れるとういう共通の意識となりました。
それでもまだまだ、安心してふれあい館には

 
行けない方や、来館してもすぐ自分の望む事業が できないため来られていない方も

多いかと思っています。

 8月は、まだできる講座数を絞って、各講座の従来の定員を極力半数以下にして、

感染症対策を最優先にして実施していきます。ぜひご参加ください。まだまだ、前の状態には戻っていま

せん。今後予測はできませんがコロナウィルス感染の第2波の流行は否定できません。第2波を乗り越え

るためにも一人一人が守らなければならないことを実践するしかないと思います。


 6月17日からの開館で皆様と皆様の大切な人を守るために、くれぐれもふれあい館利用時の感染症予防

のご協力をお願いします。一緒に感染を阻止しましょう。

そして今まで楽しく、元気に過ごしていたふれあい館を、また、楽しく取り組んだ数々の講座の開催を

一日でも早く取り戻しましょう。

1 2 3 4 5 6 7 >>